agaになる理由はなに?どんな対策が必要なの?

agaになる理由はなに?どんな対策が必要なの?

agaにはどんな症状がある?

agaは男性型脱毛症とも呼ばれており、男性の薄毛症状のほとんどをagaが占めているともいわれています。また、agaは放置しておくと症状が進行するという特徴があるため、早期の治療が必要です。以前と比べて抜け毛の量が増えていたり、髪の毛が細くボリュームが少なくなったりと感じる場合は、agaの初期症状かもしれません。

agaになる理由と対策とは?

agaになる理由のひとつは、男性ホルモンの影響で毛髪の成長に必要なヘアサイクルの周期が乱れてしまうことにあります。ヘアサイクルには成長期と退行期および休止期の3つの種類があり、通常の成長期であれば約2年から6年の周期を経て、髪の毛を成長させます。しかし、agaの場合は本来ならば年単位が必要な成長期が数か月などと短くなることで、結果的に髪の毛が太く長く育つ前に抜けてしまうという症状をおこします。

男性ホルモン以外では、生活習慣の乱れがagaの理由ともいわれており、食生活の乱れや運動不足および睡眠不足などがあげられます。また、ストレスによって自律神経のバランスが乱れることも要因のひとつです。その他に、過度の飲酒や喫煙も体だけでなく頭髪の健康のためには控えるといいとされています。

aga対策には、早期の発見と治療が不可欠です。初期症状のサインが出た際は、専門のクリニックで診断してもらうのもいいでしょう。クリニックによっては、無料でカウンセリングを受けることも出来るため気軽に相談することが可能です。加えて、クリニックの強みはagaに特化した薬を取り扱っているという点もあります。生活習慣の改善や頭皮を清潔に保つヘアケアなどのセルフケアとあわせて活用してもいいかもしれません。

agaに悩んでいる方はagaを新宿で解消できるクリニックを活用し、男性ホルモンを抑制しましょう。薄毛の悩みは専門クリニックが解決するのが近道です。